CT設置|歯科医院一覧
spacer
全国のCT設置歯科医院
spacer
全国のCT設置歯科医院
spacer
CT利用医院の声
spacer
CT Q&A
spacer
お問い合わせ・ご相談

img02 トップページへ サイトマップ お問い合わせ
spacer
 


ハイエンドな矯正治療を助ける歯科用CT

01

矯正治療は歯を動かして歯並びを変えるので、歯と土台になる顎の骨の状態を知ることが大切です。
歯科用CTではこれらを3次元の立体画像としてとらえ、治療のための重要な情報をもたらしてくれます。

例えば顎の骨と歯の根の関係や埋伏歯(埋まっている歯)の状態を見ることで動かしやすい歯かそうでないかの見分けがつきます。
抜歯が必要な患者さんでは歯と顎の骨の状態を正確に把握し安全に抜歯することが出来ます。
また、矯正用のマイクロインプラントを使う場合でもCTを撮ることで骨のボリュームがある安全な位置にマイクロインプラントを植立することが出来ます。
歯以外のところでは顎関節に問題がありそうな人や呼吸に関係する器官である気道が狭そうな患者さんなどをより安全に治療できるようになります。
これらの治療では顎の関節の状態を見たり、CTで気道の大きさが測れますので歯を動かすことでその気道を狭くしないように注意をはらいます。

私たちの矯正治療では見た目の歯並びの良さだけでなく、ハイエンドな矯正治療を目指しています。
これは歯並びを良くすることは当然ですが、見えている部分(歯冠)だけでなく、歯の根の部分も顎の骨の中で適切に収まるよう歯をコントロールして治療します。
見た目だけでなく歯の根も適切な位置に収め、咬み合わせを調整することでよく噛めるなど歯本来の機能が有効に働きます。
3次元的に歯をコントロールしていく矯正治療では、3次元の画像が見える歯科用CTは治療に大きく貢献しています。
また将来的にはコンピュータによる見た目の歯並びの予測だけでなく、コンピューターと歯科用CTの併用で適切に歯の根が収まる位置も予測して歯をコントロールしていくことを目指しています。

情報提供:イーライン矯正歯科
院長 竹元京人先生

 
   
 
spacer