CT設置|歯科医院一覧
spacer
全国のCT設置歯科医院
spacer
全国のCT設置歯科医院
spacer
CT利用医院の声
spacer
CT Q&A
spacer
お問い合わせ・ご相談

img02 トップページへ サイトマップ お問い合わせ
spacer
 


CTは三種の神器の一つだ!

世田谷区で初めてガリレオスを導入してから、早一年以上。
CTパノラマは、今まで数多くのインプラント症例の助けとなってきました。

体の一部を断層撮影し、立体的な画像診断をする医療機器で、外科手術前の診断では必要不可欠なものです。

私も導入の際、数多くある有名CTメーカーの機種を見に他医院に赴いたり、メーカーの説明会に行き、説明を受けるなどして比較した結果、シロナデンタル社製の『 ガリレオス 』は歯科CTの中で最もX線被爆線量が29μSV(マイクロシーベルト)という少なさで、患者様の健康に極めて配慮していると思い、導入を決断しました。

なおかつ、インプラントの診断用シュミレーションソフトが付いており、術前診断が容易になりました。

私自身も、歯科用CTが無い時代は、外部による術前撮影だけでインプラント手術をやってまいりました。しかし、このガリレオスCTを導入した後は、術前・術中に必ず2、3回のチェックをすることにより、より安全に手術が行えるようになったと感じております。 しかも歯科用CT撮影時間を含めても、手術に要する時間が格段に短縮できるようになりました。これは患者様にとっても良いことなのではないでしょうか。

CTと歯科治療の項目でも紹介されていましたが、CT画像のあるインプラント治療はまさに、下記通りです。

<1> 見えなかったものが見える
<2> わからなかったものがわかる
<3> 治療の安全性が広がる

このように、歯科治療とCTは切っても切り離せないくらい重要な役割を果たしているのです。CTが無い歯科治療は、ゴルフで例えるならば規定の14本のゴルフクラブが揃っていないのと同じ状態です。
あるのと無いのでは、大違いです。インプラント術中の微調整も容易にできます。

大分原稿も長くなったので、この辺で筆を置こうと思います。
また改めて
「 親知らずとCT 」 「 根管治療とCT 」 「 矯正治療とCT 」
について、図解及びレントゲンフィルムを使って説明しようと思います。

情報提供:医療法人社団親民会 波多野歯科クリニック
院長 波多野一先生

 
   
 
spacer