CT設置|歯科医院一覧
spacer
全国のCT設置歯科医院
spacer
全国のCT設置歯科医院
spacer
CT利用医院の声
spacer
CT Q&A
spacer
お問い合わせ・ご相談

img02 トップページへ サイトマップ お問い合わせ
spacer
 


歯科用CT撮影とインプラントシュミレーション

上顎に歯が無い患者さんにインプラント治療を行う場合です。
歯科用CTで現在の状態を撮影した後、シムインプラントと呼ばれるインプラントのシュミレーションソフトで治療の様子を想定します。
骨の高さや厚み、形状、骨の硬さ、神経の走行部位などの細かい情報を得るにはCT撮影が必要不可欠です。
今回のケースでは歯科用CT撮影後に6本のインプラントで12本の歯を回復する計画を立てています。



このシュミレーションは上顎骨だけを取り出したものに直径4.0mmの太さのインプラントでシュミレーションしています。



上顎骨の断面像であるが薄い灰色の枠が骨の外枠であるこの内側に全てのインプラントが埋もれることが望ましい。
中央の黒い円形の穴が切歯管と呼ばれる神経の出入り口です。



6本のインプラント上に全て連結のインプラントブリッジ14本を装着したシュミレーションです。
歯科用CTで撮影した画像をこのようにシュミレーションにより患者さんの理解も深まります。

情報提供:星野歯科駒沢クリニック(歯科診断CTセンター)
院長 星野元先生

 
   
 
spacer